メインイメージ画像

自己処理での脱毛のデメリットは?

自己処理での脱毛のデメリットは、肌が汚くなる・長くは持たずに再生してしまう・疲れるなど多くあるでしょう。浴室で脱毛用品などを活用して毛を抜く若い人も数多いということですが、お風呂場には悪い菌が沢山。もしも、お手入れ後の腕や足に悪い菌が侵入してしまうと、手間がかかるどころのトラブルではありません。クリニックなどクリニックでの脱毛とすると安心な気持ちで長い効果のある脱毛を受けられることが可能です。若干やる気をみなぎらせれば、一生が変わるほどの経験が身につくかもしれないですよ。脱毛で心配になるのが、施術の時の刺激ですよね。

これはその人によるものが小さくなく、レーザー脱毛では多くはゴムでピチっと叩かれた感覚と、言われることがかなりあります。実の話、脱毛を受けた人は「そんな感覚の刺激ではない」という人もいるくらい、同様のパーツでも隔たりがあるということですね。一方で昔に施術されていた針による脱毛とは比較にならないくらい、痛みは小さいそうです。毛を抜く方法によって痛みも違うので、そういったことを考慮した上で施術方法を選定しなければなりません。むだ毛を自己処理する人はたくさんいるのでしょう。自宅でできますしお金の必要がないです。

とは言っても、実のところお勧めしません。カミソリで剃ると肌を痛めてしまうし、肌を守ろうとして毛が多くなったり濃くなったりしてしまいます。ピンセットで引き抜くと、毛穴からバイ菌が入ってしまい炎症を起こすことがあります。肌や毛穴を傷つけていると徐々に色素が沈着を起こし黒ずみのもとになります。自分で処理することは肌のトラブルを悪化させるので注意が必要です。